• むし歯に関する相談 [むし歯予防、むし歯治療]
  • 歯並び・咬み合わせに関する相談 [子どもの成長を利用した望ましい歯並びへの誘導・育成 ・ 一般的な矯正治療(軽度症例)]
  • 子どもの口腔内に関する相談 [歯をぶつけた、上唇小帯・舌小帯の付着異常]

をお受けしております。

診療時間

未就学児 幼稚園・保育園 小~高校生 が主な対象です。

お子さんがいる保護者、妊婦さんやプレママ・プレパパさん(口腔内のお掃除のみ)も受け付けております。詳しくは保護者さんへの除菌をご覧ください 。

※未成年であっても永久歯における重症な疾患、また、大人の方の治療は他院様や大学病院に紹介させていただきます。

院長は日本障害者歯科学会の障害者歯科認定医です。 障害をお持ちの方に対する診療の基礎的素養がございます。 軽度の障害をお持ちの子に関しまして、ご配慮をした診療をさせていただけると思います。 中度・重度の方は、然るべき機関に紹介状をお書きして、ご紹介させていただきます。 まずは一度ご相談ください。

診療内容

検診

『保育園や小学校の検診も受けているんだけど・・・?』

学校等で行われる公的検診は 「さっと見て明らかに治療の必要なものを判別する」ことが大きな目的であり、精密な検査ではありません。 公的検診に比べると、小児歯科専門医が歯科医院で行った診査では3.5本も多くむし歯が見つかったり、むし歯保有者の数も倍数いた、という報告もあります。 公的検診は意義のあるものですが、その結果のみに安心しないように気を付けてください。

当院の受診者さんの中でも、「検診で大丈夫って言われたんだけど」、「むし歯ないって言われたんだけど」という方の中でも半数以上は実はむし歯があったという結果がでております。公的検診の「むし歯なし」は「(ざっと見て、肉眼的に明らかに治療したほうがいいような)むし歯なし」という意味合いになります。

また、歯科医院の検診でも実施する歯科医師の方針次第では公的検診と同じ診査をされている方がございます。当院で精密に検査をしますと、上記の様にむし歯や問題が見つかることがございますので驚かれないようにしてください。

むし歯の検査では必要に応じて
以下のものを行います。

ダイアグノデントペン

ダイアグノデント(DIAGNOdent)は、カボ社(KaVo) が開発した虫歯測定器です。

  • レーザーによるむし歯の深度の測定ができます。
  • むし歯の深さを数値化できます。
  • 完全無痛です。

レントゲン

歯と歯の間の虫歯はむし歯は特に検出が難しいです。写真1のようなお口だと、公的検診では30秒以内にさっとみて、「むし歯なし」と言われます。しかし、この子の歯のレントゲンをとると非常に大きなむし歯が隠れています。 歯の噛む面の部分は無事だったので、上からはよくみてもわかりません。 また、詰め物の下にむし歯がある場合もあります。この場合も、噛む面にはしっかりと詰め物がしてあるので、レントゲンで調べないとわかりません。

写真1

被ばく線量

当院のレントゲン撮影機器は最新のものを使用しており、可能な限り被ばくの量を減らしております。 下の図のようにかなり少ない被ばく量となります。 レントゲンを撮影するメリットの方が圧倒的に大きいため、必要な方にはレントゲンの撮影をご提案しております。

身体に受ける放射線量の比較

放射線量の比較図

セカンドオピニオン
(第2の意見)

セカンドオピニオンとは

今かかっている医師(主治医)以外の医師に求める第2の意見です。よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める「意見」、または「意見を求める行為」です。情報が氾濫している現在で、どの知識、選択や考え方が正しいのか、不安になってしまうこともあります。

また、広島県歯科医師会などに所属しており、さまざまな基本的な情報が共有されている医院さんもあればそうでなく、情報が更新されていない医院さんもあります。実際過去に、「子どもの歯だから大人の歯に影響はない」、「様子をみましょう」、「大きくなって上手になったら」と言われているものに対して、そのままではよろしくない、または、よりよい診断が存在する ことがございました。 お子さんの口の中の状態や治療法について、今通院されている医院さんだけでなく、小児歯科専門医の意見を聞いてみたい、というご希望を受け付けております。

セカンドオピニオンを聞きに行ったら、そこをかかりつけにしないといけませんか?

そんなことはありません。ご安心・ご納得されたら元の医院にお戻りになられて大丈夫です。

今いってる歯医者さんへの裏切りになりますか?

そんなことはありません。セカンドオピニオンに応じることは歯科医師の義務です。セカンドオピニオンに対して過度に否定的な態度をとる前時代的な歯科医師はもうおりません。いらっしゃるようでしたら、同業者として恥ずかしい限りです。大事なお子さんのために過度に後ろめたい気持ちになる必要はありません。

※「ドクターショッピング」にご注意

理想の医院を見つけるために何件も何件も医院を巡るのは、医療提供側にとっても患者側にとっても負担が大きくなります。 小児歯科領域においては、当院でご納得できない案件は広島大学病院小児歯科をご紹介させていただきます。何件も巡る必要はございません。

初期むし歯を
すすませないために

小窩裂溝填塞 (シーラント)

噛む面やどうしても歯みがきができないところにある溝を埋めてむし歯が進行するのを予防することができます。

シーラント前
シーラント後
むし歯
  • シーラント前

  • シーラント後

  • むし歯

① ②歯の溝の形は色々で、時にはこのように入口が狭く、深いものも多いです。

③このような溝は歯ブラシの先が奥まで届きません。
④むし歯菌が来ないように埋めることができます。

⑤フッ素で歯を硬くしてくれます。

  • むし歯が大きく進んでない初期のものまで
  • 乳歯と生えてきて2~3年までの大人の歯 

① ②歯の溝の形は色々で、時にはこのように入口が狭く、深いものも多いです。③このような溝は歯ブラシの先が奥まで届きません。 ④むし歯菌が来ないように埋めることができます。⑤フッ素で歯を硬くしてくれます。

  • むし歯が大きく進んでない初期のものまで
  • 乳歯と生えてきて2~3年までの大人の歯 

生えてきた大人の歯

生えたての歯はまだ完全に硬くなっておらず 虫歯になりやすいので特におすすめです。 フッ素やミネラルを吸収しやすい時期なのでしっかりケアしてあげると、強い歯になってくれます

初期う蝕進行止め (サホライド)

液体を塗るだけでむし歯の進行を抑えることができます。

歯を削って詰めるという治療を回避 もしくは遅らせることができます。

※ 注意点 

◆ むし歯のある箇所と反応して下図のように黒くなります。

◆むし歯の進行を食い止められない可能性があります。

あくまで進行を抑えるものであって、完治するわけではありません。食生活や歯ブラシ習慣によってはむし歯が大きくなります。その際は歯を削っての治療を提案いたします。

◆重ね塗りすることにより効果が向上します。

定期来院していただける方に適用いたします。特におすすめなのが、歯と歯の間の小さなむし歯です。

歯と歯の間の虫歯を治療するには、通常咬む面(上方向)から穴を空けて、むし歯を取り除きます。そのため、健康な部分の歯も削らないといけません。奥歯の歯と歯の間ですと、黒くなっている箇所も見えにくいです(広範囲にむし歯がある場合は一部見えます)。

保護者の除菌

当院では保護者さんのお口のお掃除を行っております。
基本的に治療に分類するものは他の歯科医院さんにてお願いいたします。

お子さんのむし歯予防をしっかりと推し進めていくためには保護者さんのお口の中の菌量を減らす必要性がございます。特に生後19か月から33か月は「感染の窓」と呼ばれ、保護者さんからのむし歯原因菌が感染しやすいことが分かっております。



※参考 最新歯科衛生士教本小児歯科 医歯薬出版 (一部改変)

当院にも、しっかりとした知識のある保護者さんが1歳または2歳のお子さんをむし歯予防にとお連れになられます。しかしながら、わが子に熱心になるあまりに、自身のことがおろそかになっている方を散見いたします。 既にかかりつけの歯科医院があり、定期的に口腔内をケアされている方は大丈夫なのですが、「忙しくてここ数年歯医者さんにいってない」「引っ越したばかりで歯医者さんを決めかねている」といった方もおります。 また、小さい子を抱えたり、子守をする必要がある状態では歯科受診が難しい場合があります。

そういった方のために、当院では今後出産のご予定がある方(近親者含む)、当院にお子さんが受診したことがある方を対象にお口のお掃除を承っております。また、当院には保育士が常駐しておりますので、繁忙時間帯以外での子守も受け付けております。ご相談ください。

痛くない・怖くない
治療のために

完全に痛くない・怖くない治療を提供するのはなかなか難しいです。しかしながら、可能な限り痛くない・怖くない治療を提供するために以下のような試みをしております。

表面麻酔

ゼリー状の麻酔です。麻酔の針を挿入する予定のエリアにこのゼリーを塗布すると、表面から数ミリ程度浸透します。そのため、針の挿入時の痛みや違和感を和らげることができます。

ゼリー状の麻酔
電動注射器

麻酔の注射と聞くと、こちらの写真のようなものを想像されるかもしれません。しかしながら、当院ではこちらの電動注射器を使用しております。麻酔の注射は『ゆっくりと弱い圧力』で薬液を刺入すると痛みや違和感を和らげることができます。この電動注射器では可能な限り痛みと違和感を感じにくい『ゆっくりと弱い圧力』がプログラムされております。

笑気鎮静法

写真のように、鼻から弱い鎮静の作用のある亜酸化窒素(笑気)と酸素を混合した空気を吸入します。

特徴

  • 不安感や恐怖心が和らぎます。
  • 痛みを少し感じにくくなります。
  • 効果の発現と消失が速やかで、重要臓器に影響を及ぼしません。
  • 重篤な副作用は現在のところないとされています。

(参考 (株)セキムラ HP 一部改変 https://www.sedent.co.jp/guide.html )

このように使い方によっては子どもたちの治療の手助けをしてくれる、非常に有用で便利なものです。しかしながら、弱点がございます。鼻からの吸入ができない子にはつかえません。(周りの声が届かずお話が聞けない、鼻が詰まっている、既に泣いている、鼻マスクを外そうとする)ご使用の希望がある場合には、どうぞご相談ください。

歯並び・咬み合わせの治療

当院では
  • 子どもの成長を利用した望ましい歯並びへの誘導・育成 (予防矯正・咬合誘導)
  • 一般的な矯正治療(軽度症例)
  • 部分矯正(局所矯正)

を行っております。

対象は高校生まで です。ただし軽度症例または部分矯正については症例によっては成人もお受けいたします。

こちらには概要について記載いたします。歯並び・咬み合わせ の治療は多数の複雑な要因が存在し、個々によってその治療法が異なってきますご来院された方にはより詳細な情報をご提供いたしますので、ご相談ください

小児歯科専門医として、子どもの歯並び・咬み合わせの治療に携わっておりますと、よく耳にする質問があります。『矯正って(年齢的に)早くやるほうがいいって聞きますがうちの子は・・・』答えはもちろんその子の状態によります。僕はみなさんにわかりやすいように3つに分類して説明しております。

  1. できたら急いだほうがよいもの
    こちらは可能なら4歳もしくは5歳でも始められるのが望ましいです。
  2. 子どもの成長を利用して望ましい歯並びへの誘導・育成をしたほうがよいもの
    お子さんの成長を利用いたしますので、お子さんが成長期である必要があります。個人差がありますが9歳未満までだとしっかりと対応できる症例が多いです。
  3. 永久歯が生えてからのアプローチが望ましいもの
    こちらは永久歯が生えてからでないとアプローチができませんので、極端にいうと大人になってからでもアプローチができます。

①、②,③のどのタイプに属するかによって、やるべきタイミングは異なってくるんですね。

 の例としては、反対咬合(受け口)や交叉咬合など があります。

※反対咬合には原因がいくつかあり、その原因によっては大人になってからの外科的なアプロ―チが必要なものがございます。

上下の真ん中がズレてしまっている咬み合わせ

こちらは歯並びによって、咬み合わせがズレてしまい(顎のズレ)、顎の関節の成長発達によくない影響がでてしまいます。これらは、なるべく早くアプローチをしてあげて将来、顎の関節の形成に悪い影響がないようにしてあげたほうがいい場合あります。

② と ③ は よりしっかりとした分析が必要となります。歯並びがガタガタの子の場合、『うちの子はあごが小さくて・・・』 『うちの子は歯が大きくて・・・』という声を聞きますが、前者であれば②に後者であれば③になる可能性があります。

ですので、当院では患児の歯列・咬み合わせの分析及び診断に力を入れております。当院で歯列・咬み合わせの検査を行った患児にはしっかりとした分析レポート及び治療計画(症例によっては割愛いたします)にて説明させていただきます。

近年は矯正治療につかわれる素材も新しいものが開発されており、手軽で安価な出来合いの取り外し式の矯正器具が使われることが増えてきました。使い方によっては有益であり、当院でも症例によっては選択肢の一つとしてご提案することがございます。しかしながら以前大学病院に所属していたころに散見した例として、小児歯科や矯正歯科の専門医が所属していないためか患児の歯並びの分析がおろそかになっていると思われるものに出会ったことがあります。手軽で安価な反面、患児に不適当に提供されているように思われました。

歯並び・咬み合わせの治療は決して安くないお金がかかることが多く、お値段で医院さんを選びたくなる気持ちもわかります。しかしながら、どうしてもお悩みの場合にはお近くの小児歯科専門医、または矯正歯科の認定医もしくは専門医の先生にご相談ください。

部分矯正(局所矯正)

『ここの部分だけなんとかしてほしい』『全体的に歯列・咬み合わせを整えたいのは山々なんだけど、時間的にもお金的にも・・・』といったご要望もお耳にいたします。

当院では写真のように気になる部分だけの矯正もお受けしております。しかしながら、全体を整えない限り改善しない例もございますので、ご要望に沿えるか否かは症例と到達目標しだいとなってきますので、ご相談ください。

前歯の隙間を整えた成人例


1本の歯を整えることによりそれよりも後方の歯の自然萌出を促した例


6歳臼歯が子どもの奥歯に 引っかかっているのを改善した例